沿革

1937年   本社所在地にて、水野坦が材木商 水野商店創業
1952年   株式会社水野商店 へ法人改組 資本金100万円
1961年   パレット製造を開始
1970年   水野實 二代目社長に就任
1973年   愛知県飛島村に西部製材工場開設 アピトン車両材事業に進出
1983年   本社工場を西部工場に集約
1994年   資本金を1000万円に増資 中国人研修生受け入れ開始
1995年   梅谷雅和 三代目社長に就任
1996年   各種工作機械新規導入・工場拡張に着手、インドネシア人研修生受け入れ開始
1997年   西部工場建屋増設
1999年   製材事業から撤退
2002年   健康分野に進出、同時に新規事業の模索を始める
2003年   経営計画発表会をスタート
2005年   ミャンマー人研修生受け入れ開始
2007年   2×4パネル製造開始
2009年   弊社ウェブサイト開設

↑このぺージの先頭へ